まつうら歯科ホームに戻る
ごあいさつ診療案内トップ医院紹介Q&Aご予約
  診療内容 > 歯科用CT  

CT撮影をすることによって診療内容トップに戻る

 

 歯科用CTとは

歯科用CTとは、近年開発された歯科に特化したCT装置のことで、特殊なX線装置とコンピューターを用いて、対象物を一般的なレントゲン写真のように平面(2次元撮影)でとらえるのではなく、立体的(3次元撮影)に撮影することが出来るコンピューター断層撮影:Conputed Tomography(CT)のことです。

歯科用CTは、コーンビーム方式という方式を用いて撮影しており、医科用CTのファンビーム方式と比べると以下の様な利点欠点があります。

・利点
被爆線量が少ない
高画質である
金属アーチファクト(画像の乱れ)が少ない
短時間で3次元画像を構築できる
装置がコンパクト

・欠点
撮影範囲が狭い
軟組織のコントラストがあまり反映できない

一般的な医科用CTでは、歯科医院で撮影するパノラマ写真の10倍以上の放射線を照射するといわれますが、この歯科用CTはパノラマ写真の数枚程度の放射線量ですので、今まで得ることの出来なかった多くのデータを得ることが出来るという意味では本当に患者様への負担が軽減された検査器機であるといえます。




 
上に戻る
HOME  ごあいさつ  診療内容  医院紹介  Q&A  ご予約  サイトマップ

まつうら歯科  愛知県名古屋市緑区神の倉二丁目275番地  お問い合わせ
Copyright (c) 2006 MATSUURA DENTAL CLINIC All Rights Reserved.