まつうら歯科ホームに戻る
ごあいさつ診療案内トップ医院紹介Q&Aご予約
  診療内容 > インプラント > 安全な外科手術PRFとは  
 

PRF(Platelet Rich Fibrin:多血小板フィブリン)とは、生化学的血液操作なしに濃縮した血小板のことで、創傷治癒・骨の造成を促進する作用があると言われています。

PRFの採取は、患者様ご自身から採血した血液を遠心分離機にかけることにより簡単に分離採取できます。
そしてPRFに自家骨や人工の骨補填材を混ぜて、骨幅・骨量の少ない部位、上顎洞挙上部位に補填することで骨の造成をより安全、確実に行うことができます。

骨造成後もしくは骨造成と同時にインプラントの植立を行うことで、より機能的・審美的なインプラント修復処置ができるのです。またPRFを併用することにより術後の疼痛・腫脹を最小限にし、早期の治癒が期待できます。

ご自身の骨と骨補填材とをしっかりつなぎ、治癒を促進する効果をPRFはもっているのです。
PPFは、患者様ご自身の血液成分から分離されるものなので、アレルギー等の拒絶反応もなく非常に安全です。

この再生療法ともいえるPRFを用いることにより、今までは困難であった骨幅・骨量の少ない部位にもインプラントがより安全・確実にできるようになりました。  もちろんPRFはインプラント、骨造成手術時だけでなく、抜歯・歯周外科手術後の疼痛・腫脹の軽減、治癒促進にも非常に効果があります。

遠心分離器 採血

@ 遠心分離機

 

 

A 採血(1回の採血量は20〜40mlとわずかです)

遠心分離器 滅菌済み採血キット

B 遠心分離後の自己血(黄色い部分がPRF)

 

C ゼリー状になった黄色い部分(PRF)を切り取ります

採血量20〜40ml 1回目の遠心分離後

D PRFを薄く伸ばした状態

 

E PRFを細かく切り刻み、骨補填材と混ぜ合わせます

2回目の遠心分離後 膜状化したPRP

F PRFと混ぜ合わせた骨補填材を骨量の少ない部位に填入します

G 薄く伸ばしたPRFを吸収性メンブレンとして設置した後、粘膜を縫合します

 

前のページに戻る

 
上に戻る
HOME  ごあいさつ  診療内容  医院紹介  Q&A  ご予約  サイトマップ

まつうら歯科  愛知県名古屋市緑区神の倉二丁目275番地  お問い合わせ
Copyright (c) 2006 MATSUURA DENTAL CLINIC All Rights Reserved.