まつうら歯科ホームに戻る
ごあいさつ診療案内トップ医院紹介Q&Aご予約
  診療内容 > 予防歯科 > 3DSとは  

 

3DSは、近年登場した薬物による除菌療法です。従来の薬物療法と異なる点は、ドラッグリテーナーという、患者様個々の歯列にフィットした装置を作製、使用して歯の隅から隅まで薬剤を行きわたらせる点です。しかし、バイオフィルムが付着している状態で3DSを行っても歯面への効果はありません。

バイオフィルムの持つ強い疎水性により、薬剤をはじいて歯に薬がふれないからです。従って3DSの前処理として、PMTCは必要不可欠な処置なのです。すなわち、PMTCと3DSは虫歯菌を除菌する新しい予防治療法なのです。

虫歯は口の中に存在する細菌による感染症ですから、虫歯菌の菌数を減らしてやれば虫歯は簡単には発生できなくなります。

 

 順序  

1.唾液テストをして、ミュータンス菌の検査をし、3DSが必要かどうかを確認します。

2.歯型を取り、薬剤を盛るトレーを作製します。

3.PMTCを行い、歯面をきれいにします。

4.朝と寝る前の2回、専用の薬剤をトレーに入れて5分間その状態を保ちます。その後、30分は
うがいをしないで下さい。寝る前にはフッ素ジェルを使用するとさらに効果的です。

5.1週間後に再度来院していただき、口腔内のチェックをします。

6.もう一週間3DSを行います (自宅で1日2回)

7.効果チェックのため、6〜8週間後に唾液テストを行いミュータンス菌の菌数を検査します。

8.3〜6ヶ月間隔で定期検査を行い、PMTCを続けます。菌数検査は一年に一度チェックをしましょう。
 

※一度菌数が減っても再感染する可能性もあります。


 
 
HOME  ごあいさつ  診療内容  医院紹介  Q&A  ご予約  サイトマップ

まつうら歯科  愛知県名古屋市緑区神の倉二丁目275番地  お問い合わせ
Copyright (c) 2006 MATSUURA DENTAL CLINIC All Rights Reserved.